名刺の印刷用データ作成方法

名刺の印刷用データの作り方を解説します。

名刺のデータ作成方法

1.印刷用テンプレートをダウンロード

デザイン制作の際は名刺のテンプレートをご利用ください。
規定サイズのデータが簡単に作れます。またサイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなります。
※裏表でデータを作る際は、1ファイルに片面ずつデータを作成し、裏表分の2つのファイルを入稿してください。

  • 一般名刺 ( 91 × 55 mm ) 
  • 欧米名刺 ( 89 × 51 mm ) 
  • 小型名刺 ( 85 × 49 mm ) 


※上の図はword/powerpointのテンプレートになります。Illustratorのテンプレートには初期状態で名前や住所等の文字は入っていません。
 

2.載せたい情報を決める

一般的に名刺に載せる情報は下記になります。

  • 名前
  • 肩書・役職
  • 住所
  • 電話番号
  • E-mail
  • 会社名・業種名
  • サイト(会社・ブログ等)のURL
  • ロゴマーク

 

3.デザインする

載せたい情報が決まったら、下の図の注意事項に気をつけながらデザイン作成してください。

 

 

4.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を行ってください。

アプリケーション別チェックガイド

  1. データチェックについて
  2. イラストレーター|Illustrator データチェックリスト
  3. フォトショップ|Photoshop データチェックリスト
  4. インデザイン|InDesign データチェックリスト
  5. ワード|Word データチェックリスト
  6. パワーポイント|PowerPonint データチェックリスト
  7. PDFの場合

 

上記以外の作成方法について

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった