DM・ダイレクトメールの印刷用データ作成方法

DM・ダイレクトメールの印刷用データの作り方ご案内いたします。

DMのデータ作成方法

1.テンプレートをダウンロード

必ずダイレクトメールのテンプレートをご利用ください。

 

2.デザインする

DM印刷には、印刷可能範囲がございます。テンプレートのガイドの内側にデザインが収まるように作成してください。

dm-data1

3.印刷データ用の対応をする

印刷用の入稿データについては、以下の対応が必要です。 なぜ、必要なの?については、「印刷用データ作成の基礎講座」をご覧ください。

  • ご注文内容(サイズ・印刷面数・カラー)確認しましょう
    カラー設定方法 イラストレーターフォトショップワードパワーポイント

    ※モノクロ印刷でデータをモノクロに出来ない場合は、入稿時のコメントにその旨ご記入ください。

  • 薄いお色味をご使用の場合、6%以上の濃度に設定しましょう

    ※印刷に反映されない可能性があります。最低でも6%以上、出来れば10%以上に設定してください。

  • 文字のサイズは、なるべく8pt以上にしましょう

    ※8pt未満ですと、フォントや色の濃度によっては、つぶれたりかすれたりする可能性がございますのでご注意ください。

 

4.宛名データを作成する

文字数制限がございますので、テンプレートの指示をご覧ください。テンプレートに同梱されています。

atena

入力後、保存時に「パスワード」を設定ください。

 

パスワード設定方法(Windows)

メニュー「ファイル」>名前をつけて保存 

ツールから「全般オプション」をご選択ください。

dm 3

任意のパスワードを入力し、OKを押します。

dm-4

「名前をつけて保存」ウィンドウにて「保存」を押してください。

 

パスワード設定方法(Mac)

メニュー「ファイル」>名前をつけて保存 ウィンドウを開き「オプション」ボタンを押します。

dm5

任意のパスワードを入力し「OK」をします。

dm6

「名前をつけて保存」ウィンドウにて「保存」を押します。

 

ご注意 送付先住所(宛名)リストについて

  1. 送付先住所(宛名)リストは、必ずラクスルのテンプレートをご利用ください。
  2. 送付先住所(宛名)リストは、顧客管理用法とは違います、印刷不要のデータは入力しないでください。
  3. 入力いただいたデータをそのまま宛名ラベルに印字しますので、住所間違い等お気を付け下さい。すでに文字化けしているものは、文字化けの状態で印字されます。外字も機種依存となりますので、文字化けする場合があります。
  4. 送付先住所(宛名)リストはエクセルの1ファイル、1シート、もしくはCSVの1ファイルで作成いただき、ご入稿ください。
  5. 敬称がついていないデータは、すべて「様」を付けて対応させていただきます。
  6. CSVファイルをエクセルに変換する際に郵便番号や数字が数式に変換されてしまう場合がございますのでお気を付け下さい。
  7. A列の「番号」は必ず1から順番に昇順で記載してください。
  8. H列の「住所」に文字数が収まらない場合は、都道県名を省いてください(B列「郵便番号」の内容が正確である前提)。
  9. 保存する際はパスワードを設定して保存してください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった