クリアファイル・フォルダの印刷用データ作成方法

クリアファイル印刷の作り方について、ご案内いたします。

クリアファイルのデータ作成方法

1.テンプレートダウンロード

デザイン制作の際はクリアファイル・フォルダのテンプレートをご利用ください。
規定サイズのデータが簡単に作れます。またサイズ間違いなどによるデータ入稿のやり直しリスクが少なくなります。
 

2.白版ありの場合、白版の作成

白版とは?

白版とは、透明なものへの印刷の際に、透けを防止するために、一度「白」インキで印刷をし、そのうえにCMYKのインキで印刷します。そのときの「白」インキで印刷する部分を指定した版を「白版」と言います。クリアファイルのような透明なものに印刷をする場合、紙と同じように直接印刷をすると、半透明になってしまいます。透けない仕上りにしたい場合は「白版」が必要です。白版を印刷することで、白い紙に印刷したときと同じような色合いで印刷することができます。

 

通常白い紙に印刷する場合、データ上はCMYKの4色で表現し、白にしたい部分はCMYKの濃度を0%にし、データ上は何も色を入れません。データ上CMYKが0%の部分は何も印刷されないため、紙の色が生かされ白を表現します。
クリアファイルは透明なため、データ上何も色を入れていない部分は透明になります。この場合も透明にしたくない場合は白版が必要です。クリアファイルの用途によっても、中に入れる書類が透けない方がいい場合と、逆に見えていた方がいい場合もありますので、データ作成は、仕上りを半透明にしたいのか、透けないようにしたいのかをご確認のうえ、透けさせたくない部分は白版を作成してください。

データ作成は、仕上りを半透明にしたいのか、透けないようにしたいのかをご確認のうえ、透けさせたくない部分は白版を作成してください。

白版は実際のデザインの真下に印刷するため、データは実際のデザインよりも0.1mm小さくする必要があります。理由は、白版を印刷したあとに実際のデザインの印刷をするため、白版とデザインが全く同じサイズですと、印刷時に少しでも白版とデザインがずれた場合、白版部分が表面から見えてしまいます。それを防ぐために白版は実際のデザインより0.1mm小さくします。

白版は実際のデザインの真下に印刷するため、データは実際のデザインよりも0.1mm小さくする必要があります。

印刷時に少しでも白版とデザインがずれた場合、白版部分が表面から見えてしまいます。それを防ぐために白版は実際のデザインより0.1mm小さくします。

白インクは特色のインクとなるため、弊社テンプレートのスウォッチ内《DIC100s》の100%で色をつけてください。

必要な部分のデザインを全て選択して、コピーをテンプレート内の《後白版》レイヤーにペースト

白版が必要な部分のデザインを全て選択して、コピーをテンプレート内の《後白版》レイヤーにペーストします。

ペーストしたオブジェクトを全て選択し、《パスファインダー》の《合体》をして、連なった一つのオブジェクトにして、塗りと線をスウォッチ内の《DIC100s》に指定します。(スウォッチ内の色は削除や変更をしないでください。)

ペーストしたオブジェクトを全て選択し、《パスファインダー》の《合体》をして、連なった一つのオブジェクトにして、塗りと線をスウォッチ内の《DIC100s》に指定します。(スウォッチ内の色は削除や変更をしないでください。)

塗りと線を変更したレイヤーを選択したまま、効果の中の《パス》→《パスのオフセット》で、図のような数値にして0.1mm小さいオブジェクトを作成します。
作成したオブジェクトを《オブジェクト》から《アピアランスの分割》をします。

作成したオブジェクトを《オブジェクト》から《アピアランスの分割》をします。

これで元のデザインより0.1mm小さいデータ(白版)の完成です。

 

3.箔押しクリアファイル印刷の場合

  • 箔押しの印刷可能範囲は120mm×50mm程度となっております。これ以上のサイズは印刷できませんのでご注意ください。
  • 箔押し印刷のデータはK100%の黒一色でご制作ください。
  • 基本的に画像はご使用いただけません。
  • データ入稿時は全てのフォントをアウトライン化してください。
  • 保存する際は互換性をご使用のバージョンで保存してください。
  • デザインは《デザイン》レイヤーにご制作ください。
  • テンプレートのその他の編集・削除は行わないでください。

 

4.少部数クリアファイル印刷の場合

  • フルカラー印刷の場合はCMYKモードで、1色印刷の場合はグレースケールもしくはCMYKのKのみを使用して、作成してください(RGB、スポットカラーは不可です。)。
  • 配置されている画像データの解像度は使用されているサイズで350〜400dpiにしてください。また配置後に画面上での拡大、縮小はおこなわないでください。
  • データ入稿時は全てのフォントをアウトライン化してください。
  • 保存する際は互換性をご使用のバージョンで保存してください。
  • ガイドについて:印刷可能エリアです。デザイン(文字・ロゴなど)はこの線より内側に配置してください。
  • オンデマンドクリアファイルはクリアファイル全面には印刷できませんのでご注意ください。

 

5.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を行ってください。

アプリケーション別チェックガイド

  1. データチェックについて
  2. イラストレーター|Illustrator データチェックリスト
  3. フォトショップ|Photoshop データチェックリスト
  4. インデザイン|InDesign データチェックリスト
  5. ワード|Word データチェックリスト
  6. パワーポイント|PowerPonint データチェックリスト
  7. PDFのデータチェックリスト

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった