シール・ステッカーの印刷用データ作成方法

シール・ステッカーのデータ作成方法をご案内いたします。

シール・ステッカーのデータ作成方法

1.デザインする

デザインを作成し、下記説明に従ってカットパスを作成してください。
※カットパスを作成する場合はIllustratorでの作成を推奨しています。
※デザインとカットパスは必ず、レイヤーを分けて作成して下さい。
※カットパスのアウトライン化、画像化はせずに「線」としてのデータで入稿をお願いします。

 

2.形にそったシールを作成する場合、カットパスを作成

カットパスとは

シールをどこでどのように切るかを判断する線です。シール・ステッカーには必ずカットパスが必要です。この線内の面積によって金額が変わりますのでご注意ください。

 

sticker_02-01

カットパス数

ラクスルで扱っているシール・ステッカーはカットパス40パス以内とさせていただいております。40パス以上のカットパスは弊社においてパスを減らすか、またはお客様に差し戻しさせていただく可能性がございますのでご注意ください。

ラクスルで扱っているシール・ステッカーはカットパス40パス以内とさせていただいております。

イラストレータでのパス数の数え方

メニューバー→ウィンドウから「ドキュメント情報」を開く

メニューバー→ウィンドウから「ドキュメント情報」を開く

パスを選択した状態で、ドキュメント情報パレットの右上から「オブジェクト」を選択。

パスを選択した状態で、ドキュメント情報パレットの右上から「オブジェクト」を選択。

クローズパスのポイント数がカットパスの数となります。

クローズパスのポイント数がカットパスの数となります。

カットパスの注意点

カットパスには納品形態によって、いくつか注意しなくてはいけない点がございます。
納品形態とは、「シート」「バラ四角カット」「バラ台紙カット」のことです。

①納品形態より、作成できるシール・ステッカーの短辺の最小が決まっています。

シート:短辺5mm以上
バラ四角カット・バラ台紙カット:短辺40mm以上

②カットパスからシールの絵柄まで一定の距離(余白)がないと、カットできません。

シート:カットパスから絵柄まで1mm以上必要
バラ四角カット:カットパスから絵柄まで2mm以上必要
バラ台紙カット:カットパスから絵柄まで3mm以上必要

②カットパスからシールの絵柄まで一定の距離(余白)がないと、カットできません。

③納品形態に関わらずカットパスの角度が90°より狭いとカットできませんのでご注意ください。

③納品形態に関わらずカットパスの角度が90°より狭いとカットできませんのでご注意ください。

塗り足し

他の印刷物と同様に、シール・ステッカーも端まで色や絵柄を入れたい場合には塗り足しが必要です。
塗り足しがないとフチなし印刷ができませんので、必ず塗り足しを付けてください。
塗り足しは、カットパスの外側に2〜3mm必要です。

塗り足しがないとフチなし印刷ができませんので、必ず塗り足しを付けてください。塗り足しは、カットパスの外側に2〜3mm必要です。

 

3.デザインしたデータが入稿に適しているか入稿前にセルフチェック

デザインしたデータを印刷機で印刷する為には、印刷に適したデータとして作成する必要があります。
データ作成に使用したアプリケーションによってチェックする項目が異なりますので、下記ページよりチェック項目の確認を行ってください。

 

アプリケーション別チェックガイド

  1. データチェックについて
  2. イラストレーター|Illustrator データチェックリスト
  3. フォトショップ|Photoshop データチェックリスト
  4. インデザイン|InDesign データチェックリスト
  5. ワード|Word データチェックリスト
  6. パワーポイント|PowerPonint データチェックリスト
  7. PDFのデータチェックリスト

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった